FC2ブログ
たまには遠くへ-さすらい日記
2005年GWのポルトガル旅行記です。 それ以外はもしかしたら何か書くかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/29 ブサコ→コインブラ→ナザレ(2)
   ☆が付いている写真は、クリックすると大きくなります。


そしてバスは15:30ぐらいにコインブラに着。
コインブラのバスターミナルは昨日とはうってかわって激込み。
16:15発のナザレ行きのバスもとても混雑してました。

18:00すぎ、ナザレのバスターミナルに着。
ナザレでは宿を予約してないのです。着いてさっそく宿探し。
バスターミナル近くの宿をいくつかアタックすることにしました。
最初に行ったANCORAはまだ新しいホテル。
「今日泊まれますか?」とTが交渉。「大丈夫」とのこと。
一応部屋を見せてもらって、きれいで値段も範囲内だったのでここに決めることに。1部屋35ユーロ(約5000円)。一人一泊2500円、朝食込みです。

このホテル新しくきれいなのに、お客はたぶん私たちだけでした。
とても快適なホテルでしたよ。

そしてさっそくナザレの海へ!
ナザレの海は本当にきれいです。
ゴミも枝も全くない。潮っぽさもない。感激!

IMG_0094s.jpg

ナザレの海。きれい・・ ☆

IMG_0096s.jpg

M、初大西洋!

IMG_0097s.jpg

Tも感激!

IMG_0100s.jpg

砂浜で戯れる家族。上に見える丘がオ・シティオ。☆


砂浜にシートを広げて、しばし海に見とれていました。
その後ケーブルカーに乗って丘の上(オ・シティオ)に行きました。


IMG_0101s.jpg

オ・シティオから見たナザレの海岸。☆
手前に見えるのがケーブルカーの線路。

IMG_0102s.jpg

余裕のT。

IMG_0104s.jpg

腰が引けてるM。・

IMG_0105s.jpg

ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会とM ☆
すごく大きくて優雅な建物です。

IMG_0107s.jpg

メモーリア礼拝堂とT。この小さな礼拝堂もかわいい。☆


夜8時30すぎ、夕日が沈むのを見届けた後、ケーブルカーで降りて夕食のお店探し。
いろいろ見て回った後、路地裏のアラ・リバというお店に入りました。
そこでは以下を注文。

 ・ソパ・デ・マリスコス(魚介類のスープ)
 ・サルディーニャス・アサーダス(イワシの炭火焼き)
 ・カルデナーラ(ブイヤベース)
 ・ワイン


IMG_0112s.jpg

魚介類のスープ。 ☆

IMG_0115s.jpg

イワシの炭火焼き。これは食べないと! ☆
オリーブオイルとお酢、塩・こしょうで食べます。おいしい。

IMG_0114s.jpg

ブイヤベース。1つ頼んでこの量! ☆


ポルトガルはスープの宝庫です。
どこに行ってもスープがおいしく、種類も充実しています。

そして、イワシの炭火焼き!これは是非食べたいと思っていた一品。
噂通り、とっても美味しかったです。
イワシの新しい食べ方発見。日本に帰ったからもやってみよう。
Tはお醤油を持ってきていて、日本の味と食べ比べていました。
T曰く、「オリーブオイルは新しい食べ方でおいしい。お醤油はあぁこの味。」という感じだそうです。

ブイヤベースもとても美味しかったのですが、やっぱり量が多い。
一生懸命食べたのですが、とても食べ切れませんでした。

料理を片づけてもらっている時、Tがお醤油を「ジャパニーズ ソイソース」といってお店の人に渡していました。
そのお返しか、帰りがけになにかのリキュールを一杯くれました。
T、ナイスです。

おなかいっぱいになって、ホテルに戻りました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。